たべもの

2016年12月 8日 (木)

今日のスープ

*今日のスープ(豆腐)*

・いるもの
かつおだしのもと
塩、醤油
チンゲンサイ
豆腐
白ネギ
大根
かつおぶし

・手順
1.鍋に水を張って だしのもと と 銀杏切りの大根をいれ、火に掛ける。
2.チンゲンサイを一口大、白ネギを薄く切っておく。
3.鍋が沸騰したらチンゲンサイと白ネギを投入。塩少量加える。
4.再度煮立ったら醤油を加え、味を調える。
5.風味付けにかつおぶしひとつまみ投入。

完成!

家の者曰く、焼いたおもち入れたらお雑煮になるとのこと。

2016年12月 3日 (土)

とろろこぶ

煮物にとろろ昆布を投入する。
お手軽にこぶだしととろみがつきます。
おいしい。

2016年10月21日 (金)

レシピメモ

ナスが安売りだったので。

*ナスの浅漬け*
・材料
ナス×2
塩:適量
だしの素:適量
米酢:適量

i. なすを銀杏切りにして、どんぶりに入れる。
ii. 表面に塩をまぶして混ぜる。
iii. 表面にだしの素をまぶして混ぜる。
iv. 米酢をまわしかけて混ぜる。
v. つかるまで置いておく。(一時間より短くても割とおいしくいただける)

以上!

2016年2月 1日 (月)

鉄観音茶

 鉄観音というお茶をいただきました。
鉄観音とは、中国茶の中の、青茶(半発酵茶)の一種だそうです。
ウーロン茶的なものですね。

 茶葉の見た目は、ぱっと見フレーク状。茶葉がくしゅくしゅっとなって縮こまっている。
お湯を注いでしばらく待つと、体積が7,8倍にふくらみます。
こうなると茶葉ひとつひとつも大きいのがわかります。
お茶の色は、わずかに緑の気配のある黄色をしています。

 飲んだ印象は、とっても甘いお茶だなぁ! でした。
まず、香りがいい。フローラルではなやかなかおり。
ウーロン茶とかの香りの上澄みだけ取ったような感じです。
そしてえぐみがまったくない! とてもやわらかい。
お茶特有の甘みが全面に出ていて、かつさっぱりしています。

 良いお茶の時間でした。大事にいただきます。

2016年1月30日 (土)

ヒオウギガイおいしい!!

 ただいま!
志摩ノープラン旅行行って来ました。
取り急ぎヒオウギガイについて書きたいため書きます。

 ヒオウギガイとは、アッパ貝ともよばれ、10 cm くらいの赤・橙・紫・黄などいろとりどりの
殻を持つ二枚貝です。一つ一つは単色で、個体によって色が違います。かわいいです。

 賢島にて、貝バーベキューなかよし水産さんでお昼をいただきました。
ヒオウギガイ300円と焼きおにぎり150円です。
紫色と黄色のヒオウギガイを一つずつ、殻の片方をとって鉄板の上で焼いてくれます。
焼けてきたら甘めのおだしをさしてできあがり(って流れだったと思う)。
これが、身がぷりぷりしててまるい! 平らでない! 貝の味がじゅわっとおいしい!

こちら気さくな店長とヒオウギガイです。
020

 今回は基本的に一食500円以内縛り(一部例外有り)旅行だったので、
ほかの大アサリやサザエなどのさらなる追加は見送ったのですが、
そちらもとてもおいしそうでした……。ムラサキウニの姿焼きとか気になりすぎる……。
しかも350円とか500円とかなんですごく手頃なんですよね。この追加したくなる感。
正直めっちゃ葛藤した。また来たときには食べる。

 また、鳥羽のもとカキさんのアッパ貝の買いものに居合わせました。
ヒオウギガイがじゃらっと入った、平たい円筒形の黒いあみかご複数個って、
うふふってなりますね! もうすぐ海がさらに冷え込むので、南へ少し移動されるそうです。
今度伊勢参りに行くか鳥羽水族館に行くときは、メインのカキも食べるんだ(*´∀`*)

 海産物分がおおいに補給された志摩旅行でした! ごちそうさまでした!

2015年12月21日 (月)

大納言清澄をいただきました

 今日一つ、大納言清澄というお菓子をいただきました。
千鳥屋さんのものだそうです。

 小豆を水に沈めて凍らせたような見た目が、とてもすっきりとしてうつくしいお菓子でした。
すきとおった無色の寒天の中に、大納言小豆がぎゅっと閉じこめてあり、
琥珀糖等同様に表面が結晶化しています。この食感、大好きです。

 幸せな気分になったため、とりあえずリンクなど貼っておきます。
ごちそうさまでした。

千鳥屋宗家|千鳥屋の代表銘菓
http://www.chidoriya.jp/masterpiece/index.html#dns

その他のカテゴリー